サーフィンスクールに通うため湘南に引越!

仕事がひと段落し、インターネットさえあれば出社しなくても
仕事ができるような環境ができました。
通勤という苦痛な時間から心身共に解放されて時間の余裕もできたので、
以前から気になっていたサーフィンを思い切ってはじめてみることにしました。
とはいえ知り合いのサーファーがいるわけでもないのでネットで検索したところ、
サーフィンスクールを湘南に発見
通えなくもなかったのですが、この際思い切って引っ越すことにしました。
住んでみると海が近くていつでもサーフィンできるのはもちろんのこと、
地産地消を目指したものづくりが盛んで野菜もおいしいし、
エネルギー産業でさえ自給自足を目指しているエコな地域だということがわかりました。
サーフィンを始めて、自然問題にも関心が高まっていたので、
自分にはぴったりな街に引っ越せたと満足しています。

エネルギー産業の今後を考えるまえに水道屋で求人情報を収集

エネルギーの永久機関なんて夢のサイクルが実現出来たら、
エネルギー資源不足の問題が解決出来るかもしれませんね。
でも、環境汚染はどんどん進行し、その一方で、エネルギー産業は供給過多になり、
今とは全く別の形態になっているかもしれません。
とはいえ、現状は核融合などを利用した方法も実用化困難なようで、
まだまだ心配及ばぬ話でしょう。
さて、そんなエネルギー問題に関心のある私ですが、
より現実問題として、生活の問題があります。
そう、仕事の求人を見つけなければなりません。
それも人間という永久でない機関をサイクルさせるために必要な、
水を供給するお仕事の求人です。
すなわち、水道屋求人です。
なぜ水道屋さんの求人かと言うと、私がエネルギーや環境に関心があるため、
と言うわけではなく、単純に前職も水道関係で、
やりやすいかなと思っただけのことなんですけどね。